ちくさ駅前眼科、千種駅、ドライアイ, 眼科アレルギー、土日診療可能まつもとファミリークリニック

緑内障

緑内障について

緑内障とは目に入った光をを脳に伝える視神経という組織が障害を受けて、視野(ものが見える範囲)が欠けていく病気です。
緑内障は進行してしまうと、今の医療技術では欠けてしまった視野を改善することは困難です。そのため緑内障は「早期発見・早期治療」がとても重要になります。また、進行するまでは自覚症状がほとんどないため、なかなか自分で気づくことが難しい病気です。岐阜大学の研究で、日本人の40歳以上の人口のうち、20人に1人が緑内障患者である可能性が判明しています。眼圧(目の中の圧力)が高い、強い近視がある、血縁者に緑内障の人がいるなどの事が緑内障のリスクになるといわれています。
緑内障が発見された場合、緑内障の種類にもよりますが、多くはまず点眼で治療します。大切なのは「眼圧を下げる」ことです。また強い点眼薬を使用するため、副作用が起こる可能性もあり、慎重に点眼薬を選択して視野、眼圧などの経過を見ていきます。
早期発見・早期治療が重要ですが、中には早期発見ができているにもかかわらず、治療を自分の判断で中断してしまう人がいます。そのほとんどは「今は何の不自由もない」からという理由のようです。しかし、自覚症状がでてきてからでは視野障害が重症化してしまっている場合がほとんどです。
緑内障と診断されたら定期的な眼科受診、治療を続けましょう。