ちくさ駅前眼科、千種駅、ドライアイ, 眼科アレルギー、土日診療可能まつもとファミリークリニック

ものもらい

ものもらいについて

世の中で、ものもらいと呼ばれている病気には「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」と「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」の2種類があります。
麦粒腫はまぶたのへりにある分泌腺に細菌が感染して炎症を起こした状態です。
霰粒腫は分泌腺の奥に脂肪がたまり、しこりができる状態です。ここに感染がおこると炎症が起こり急性霰粒腫となります。
これらの病気に対しては、まずは抗菌剤、抗炎症剤などの点眼を行いますが、改善が認められなければ切開手術を必要とします。