ちくさ駅前眼科、千種駅、ドライアイ, 眼科アレルギー、土日診療可能まつもとファミリークリニック

ドライアイ

ドライアイについて

ドライアイは性別・年齢問わず、多くの方に起こりうる病気です。
目の表面は「涙」と「粘膜」で守られていますが、涙の量が少なくなり目の表面が保護できない状態になるとドライアイになります。日本人は遺伝的に涙液の中のムチンというたんぱく質の分泌がが少なくドライアイになりやすいと言われています。原因として、乾燥した環境、パソコンなどVDT機器の多用、コンタクトレンズの装用、加齢などがあります。
ドライアイの症状としては、ゴロゴロする、痛い、目を開けているのが辛い、見えにくい、などがあります。
ドライアイの治療は点眼治療、環境整備(加湿など)等を行います。点眼治療はドライアイ用の目薬を使って涙の成分やムチンを補充・目の表面の保護を行います。